血圧を安定させる入浴法


ヒント:血圧を安定させる入浴は、脱衣所と浴室の温度差をなくし(22℃)、ぬるめのお湯に20~30分浸かる。



寒い季節のお風呂の危険性は良く知られています。暖房も何もつけず寒い脱衣所で裸になると、血管が急激に収縮するので、高血圧の人は脳出血を起こすかもしれません。

浴室での事故は交通事故の死亡者数よりも多いと言われています。

浴室の環境設定

冬は浴室と更衣室の温度をなるべく22℃に設定します。温度差が大きいのは危険です。


突然死を招く危険が大きい入浴方法

  • 脱衣所と更衣室の寒暖差が大きい
  • 42℃以上の熱い風呂に長風呂
  • 肩までつかっての長風呂
  • 浴槽で急に湯に浸かる
    • 急にお湯に浸かると、血管が開いて血圧が下がります。高血圧の人は下がりすぎて、血流が悪くなり脳梗塞になる恐れがあります。まず足元からお湯をかけ徐々に温めて入ることを習慣づけてください。



スポンサードリンク



a:2500 t:1 y:7