血圧を下げるにはDHA・EPAと栄養十分なダイエットがポイント



1年前に20年以上飲んできた降圧剤を止めることができました。薬は死ぬまで飲むものと信じてたので奇跡のようでした。もちろん勝手にやめたのではなく当然医師の了解はとりつけました。

体に必須の栄養について学び(栄養士の情報は間違ってることもあるので注意。)体の60兆個の細胞を強くするつもりで栄養を摂り、10kgほど痩せました。

中性脂肪を減らすだけのダイエットではダメです。質の良いタンパク質、タンパク質の吸収を補助するミネラル、ビタミンもセットで摂ることが重要。

若い女性がやりがちな、やみくもに痩せるやり方では血管がボロボロになります。

ダイエットで大事な栄養は、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカル、酵素のいわゆる8大栄養素です。

特に血管や他の細胞が脆くならない、脳卒中発症のリスクが高くならない栄養を摂る、これ重要なポイントです。



降圧剤を飲んでも高血圧の原因は治らない


KINARI-7f9a3f4fe555d0e8da1c0b00ce08bc50_s-2-min0419.jpg

降圧剤で血圧が下がると、高血圧症が治ったと勘違いする人は、不摂生な生活を続けがちです。

体には血圧を下げる物質がもともと分泌されてます。降圧剤を飲み続けることで、薬がこの成分にとって代わるので、気づかぬ間に分泌されなくなります。

薬が血圧を下げているだけなのに、勝手に薬を中止する。その時には、もともと体が分泌していた血圧を下げる成分は無いので、血圧は急上昇し脳卒中発症へ。

例外なくみんな、後悔先に立たずということわざのように打ちのめされます。ある意味人生はそこで終了。次に半身麻痺で生きるという別の人生が始まります。



動脈硬化で起こる病気の怖さ



動脈硬化で起こる怖い病気。

KINARI-usuge465186-2016_11_15-221259-min3-min2.jpg

高血圧症、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、乖離性大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、慢性腎炎



例えば次のように救急車を呼ぶ。

朝起きようとして起き上がれない。半身が麻痺している。その後は麻痺した不自由な体や言語で生きるしかない。そんな人多いですよ。

動脈硬化で起こる病気はどれも深刻。後悔先に立たずの病気だけど、全て予防する方が簡単です。予防するしかない病気です。



中性脂肪値が高いと動脈硬化が起こる


20170419-min.jpg

中年以降の3大死因の内「脳卒中」「心筋梗塞」の2つが動脈硬化で起こります。死亡数が言われますが、生き残って後遺症を抱えて苦しんでいる人の方が遥かに多いんです。



狭く硬くなった血管の中を血液が流れる高血圧。そんな高血圧になって20年以上。高血圧を正常化させ動脈硬化を予防改善してみる気になるまでは、お医者さんが健康にしてくれると勘違いしていました。

ダイエットで栄養不足は本末転倒


栄養が不足するダイエットは、血管が脆くなるばかり。

悪いやつと誤解されるのは人間ばかりではなく、脂質の1種で悪玉とか酷い名前をつけられたコレステロールも。体を作るのに欠かせない脂質なのに悪者のイメージが強い。悪玉も善玉もコレステロールに違いなし。過剰と不足だけが問題です。

コレステロールが過剰になると動脈硬化が起こり、不足すると細胞が正常にならず、血管はもろく癌、認知症の原因に。過剰と不足が問題。

戦後脳出血が多かったのはコレステロールとタンパク質が極端に不足していたから。その後タンパク摂取量が増えるとともに脳出血が減り、脳梗塞が増えてきました。



動脈硬化改善には栄養+運動が効果的。

運動のポイント



ウォーキングのようなゆるい有酸素運動が良い。夕食前の少し空腹の時に30分ほど行うと効果的。


食事の栄養摂取のポイント



当たり前だけど食べ過ぎないこと。逆に栄養不足では正常な細胞が作られず、体が正常に機能しない。

栄養のポイント

  • 糖質、脂質は摂りすぎず不足せず。
  • 食物繊維を十分に摂って、脂肪をからめて排出する。
  • 高品質のタンパク質を摂ることで丈夫な血管ができる。(プロテイン指数100点満点のタンパク質は鶏卵としじみ。)
  • タンパク質を吸収して合成するには、十分なミネラルとビタミンが不可欠
  • DHA・EPAは、中性脂肪を減らしたり血管を柔軟に血流をサラサラに改善する働きをする。


DHA・EPAが中性脂肪を抑える



DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は体に必要な必須脂肪酸。体内では作られないので食べるしかない。青魚にたくさん含まれていて、DHA・EPAの両方を摂ると相乗効果ありです。

DHA・EPAは、小腸で中性脂肪の吸収を抑え、血液サラサラ、動脈硬化した血管を柔らかくするので、これを利用せずして何を利用するのだというほどの逸材。

1日あたり1,000mgのDAH・EPAの摂取が望ましい(厚生労働省)。でも日本人は1日平均500mg不足。

EPA・DHA

DHA・EPAを最も効率的に摂れる食材は青魚。特に生で新鮮な「刺し身」が一番。クロマグロの刺し身なら5人前で500mg。

動脈は活性酸素によって酸化されて硬化するので、抗酸化食材と食べると一層良い。

そうは言ってもいくら刺し身好きでも、毎日5人前はさすがに多すぎ。飽きる。財布にも優しくないよ。

ファイトケミカルと一緒に食べると効果的


大葉
大葉(紫蘇)
大根
大根
大根
大根



抗酸化力が高い食材は、ファイトケミカルと呼ばれる野菜。

緑黄色野菜、ゴマ、キャベツ、ダイコン、緑茶など。こうした身近な野菜が動脈硬化を防ぐ。食べよう、飲もう。

例えば「ブリ、ハマチなどの青魚の刺し身」と「大根のつま」や「大葉」を刻んで添えて食べる。大根や大葉ぐらいでいいんだから簡単だ。ボクはプランターで育ててるし、育てやすい。これでファイトケミカルに穴無し。ミニトマトもそのうち実るからリコピンが摂れる。

青魚が苦手、刺し身5人前/1日の代わりになるもの



αリノレン酸

青魚が苦手。苦手ではなくても普通は5人前の刺し身は無理。そういった場合は、αリノレン酸を摂取すれば、体内でEPAやDHAに変身。。αリノレン酸を多く含む食品は、えごま・亜麻仁(アマニ)・くるみ・チアシード

αリノレン酸だったら1日2gの摂取で良いとされていたけど、今は少々事情が違う。というのは、植物油やナッツ類に含まれるリノール酸を10g以上摂ると弊害が起きると分かったから。

特にサラダ油を中心とした植物油は、家でも外食でも多くの食品に使ってあり大問題。その理由。安い植物油はノルマルヘキサンという劇薬で高温で抽出される。ノルマルヘキサンはセメダインのような接着剤にも使ってある。それがサラダ油の中に残ってると知ってたら食べますか?たとえ残って無くても、アメリカでは使用中止されたトランス脂肪酸が生じる。

健康食品には常に逆転劇がある。頭から信じ込むのはやめたいところ。

ところで、凄いのは、αリノレン酸はこの害までも対応するということ。2g以上のαリノレン酸を摂れば良いえごま油は、成分の半分以上がαリノレン酸。しかし、何処の製品かが重要。重金属の土壌汚染が深刻な中国産の種子から作られたえごま油は絶対に買わないでしょう。

唯一食べてよいのは、低温圧搾で搾り出した日本製のものを選んでください。多少高いのは当然。水はもちろん薬以外で健康になるにはある程度のコストはかかります。写真は種子も製造も日本のエゴマです。クリックで公式サイトに飛びます。





DHA・EPAサプリ

青魚が苦手なので、DHA・EPAサプリで不足するDHA・EPAを補う。持病の腎臓の毛細血管の動脈硬化もあるからなあ。

多くの種類のDHA・EPAサプリの中から選ぶ基準について。

DHA・EPAサプリを選ぶ基準


  • 1日分が500mg以上含まれている
  • 魚臭くない(魚苦手だから)
  • 抗酸化のDHAとEPA
  • 安全な材料と製造(GMP取得工場)

DHAとEPAは酸化されると良くない。選ぶなら抗酸化対策のしてあるものを。

東南アジアなど外国で製造されたサプリはNG。材料も製造過程も不透明過ぎる。

無添加の材料も重要。それに医薬品を製造できるGMP取得工場の製造も更に重要だから確認をして。



色々試して比較してみて、高品質のサプリを見つけて食事では不足分を摂るようにした。私にはピッタリだったけど、あなたには合わないかも。だから返金保証があり2回目から解約できるようなものを選ぶべき。


EPA・DHAサプリ「きなり」



サプリを利用したからといっても、DHA、EPAを摂るだけでは栄養が偏ります。タンパク質、ビタミン、ミネラルが不足しない食生活が大事。

食生活を改善しながらDHA・EPAサプリを摂った結果



もちろんDHA・EPAサプリがすごかったと言いたいのではありません。体を構成する栄養を優先順位を着けてきちんと摂るためにはDHA・EPAサプリが大事だったんです。

栄養摂取に気を配りながらの生活で、体重が70kg ⇒ 60kgに減るとともに、仕事中に180もあった最高血圧が波はありながらも朝晩の血圧は、120/70平均で安定しました。};

2年前に一度失敗したダイエット⇒成功

1年前に現在の主治医に相談して、全ての降圧剤(2種類)をやめることができ現在まで継続しています


時に150以上のこともあり。血圧に変動はつきものだから気にすることはない。、1週間、1ヶ月のスパンで傾向を押さえれば良い。

そもそも、血管が丈夫であれば、血圧は平均より高くても大丈夫。



DHA・EPAを摂って2年の変化。

  • 体重:68~72KG ⇒ 59~62KG
  • 血圧150~160/90~100 ⇒ 120~130/60~80
  • 体温35.5~35.9℃ ⇒35.9~36.8℃



P_20170407_091639-2-min.jpg P_20170418_090936-2-min.jpg


無添加、低温圧搾で絞り出したごま油10gの抗酸化力とともに血管を若く保っています。




P_20170501_180051-4-min.jpg
2017年5月1日夕食


(悪玉コレステロールについて)

悪玉コレステロールが多すぎると、動脈の膜の中で活性酸素に酸化され、異物と認識した免疫細胞(マクロファージ)が、酸化された悪玉コレステロールを始末します。

ところが、酸化された悪玉コレステロールの量が多すぎると、お粥のように柔らかな「粥腫(=アテローム)」が動脈に蓄積し動脈硬化を起こします。

こういったことから動脈硬化はコレステロールというよりも、むしろ活性酸素が主原因だと言えます。活性酸素を掃除してくれる栄養としてファイトケミカルに目を向けることが重要なのです。



戻る
a:169 t:1 y:2