血圧を下げるサプリメントにDHA・EPAを選ぶ理由



DHA・EPA


1年前に20年以上飲んできた降圧剤を止めることができました。もちろん勝手にやめたわけではなく、医師の了解の上でです。10kgほどのダイエットを行うことで血圧を下げることができました。

ただダイエットには注意すべき点があります。ただ痩せようとして、危険なダイエットを行っている人も少なくありません。以前の私も殆ど食べないとか無茶でガムシャラにやった時期もありました。みなさんはどうでしょうか?

ダイエットで大事なのは、体に必須の栄養が不足しないことです。ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカル、それに酵素です。

栄養不足では、血管がますます脆くなってしまい、痩せること自体が脳卒中の大きなリスクになってしまう本末転倒になります。

体に必要な栄養は不足させず中性脂肪を減らす。このことを守って初めて高血圧で起こる取り返しのつかない病気にサヨウナラができることを忘れてはなりません。

ガムシャラに痩せようとして失敗した私が始めたダイエットは、栄養が偏らないように考えた食事とサプリの利用で行いました。



降圧剤を飲んでも高血圧の原因は治らない


KINARI-7f9a3f4fe555d0e8da1c0b00ce08bc50_s-2-min0419.jpg

降圧剤で血圧が下がると、高血圧症が治ったと勘違いする人。そういった人は不以前の自分のように摂生な生活をまた続けてしまいます。

降圧剤を飲み続けていると体に起こること。体内で分泌していた血圧を下げる成分が分泌されなくなります。気づかぬ間に、体にそんなことが起こっているのです。

薬の効果だけで血圧を押さえてる状態なのに、薬を勝手に中止する。血圧を下げる成分が無いので血圧は急上昇して脳卒中が起こる。そんな人をたくさん見てきました。

みなさんは一様に薬を勝手に止めるんではなかったと後悔していました。



動脈硬化で起こる病気の怖さ


KINARI-usuge465186-2016_11_15-221259-min3-min2.jpg

高血圧症、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、乖離性大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、慢性腎炎



ある朝起きようとして、起き上がれない。半身が麻痺してることに気づく。そんな人がとても多いのです。

動脈硬化で起こる病気は深刻なものばかり。病気になって慌てても遅いのです。それよりも予防するほうがよほど簡単だとの認識が必要です。



中性脂肪値が高いと動脈硬化が起こる


20170419-min.jpg

中年以降の病気の原因の主なものは、中性脂肪、コレステロールの脂質異常による「動脈硬化」です。

日本人の3大死因の内2つまでもが動脈硬化が原因です。何とか死なずに生き残っても、後遺症を抱えて苦しんでいる人は相当多い事が問題です。


(悪玉コレステロールの解説)

悪玉コレステロールが多すぎると、動脈の筋肉の中で活性酸素に酸化され、異物と認識した免疫細胞(マクロファージ)が、コレステロールを食べに来ます。

酸化された悪玉コレステロールの量が多すぎると、マクロファージは食べ過ぎて死に、動脈の筋肉に蓄積されます。

これはお粥のように柔らかなことから「粥腫(=アテローム)」と呼ばれます。

このアテロームで起こる動脈硬化をアテローム性動脈硬化といい、血管が厚く狭く硬くなり脳卒中を始めとした病気の原因となります。

動脈硬化は活性酸素が細胞を酸化して壊した状態とも言えます。



高血圧とは、血液が狭く硬くなった血管の中を流れる抵抗が大きくなった状態です。高血圧を正常化させるには、今まで述べた動脈硬化が起こる過程を止めること、改善することが必要です。

中性脂肪を減らしても栄養不足になるようなら本末転倒


先ほど述べたように、脂質や、糖質以外が栄養不足になるダイエットでは、血管は脆くなるばかりです。

コレステロールは体には欠かせない脂質なのに必要以上に悪者にされています。悪玉も善玉もコレステロールに区別はなく、過剰になると動脈硬化を起こし、不足すると細胞が正常に作られず、血管はもろくなり、癌、認知症の原因にもなります。過剰と不足が問題なのです


動脈硬化改善のポイントは栄養。運動を加えればより効果的。

運動のポイント



ウォーキングのようなゆるい有酸素運動を、夕食前の少し空腹の時に30分ほど行うと効果的です。


食事で栄養摂取するポイント



食べ過ぎないことは原則。でも、栄養不足では正常な細胞が作られず、体が正常に機能しなくなります。

栄養のポイント

  • 糖質、脂質は摂りすぎないが不足も良くない。
  • 食物繊維を十分に摂って、脂肪をからめて排出する。
  • 高品質のタンパク質を摂ることで丈夫な血管になる
  • タンパク質を吸収して合成するには、ミネラルとビタミンが不可欠
  • DHA・EPAの中性脂肪を減らす、血管を柔軟に血流を改善する働きを利用する。


DHA・EPAが中性脂肪を抑える



DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は人の体内では作られない栄養素。どちらも青魚にたくさん含まれていて、両方を摂ることで効果が高まります。

DHA・EPAには、小腸で中性脂肪の吸収を抑えるだけではなく、血液の流れをスムースにし、動脈硬化を起こした血管を柔らかくする効果があるので、是が非でも利用したいものです。

ところで、1日あたり1,000mgのDAH・EPAの摂取が望ましいのですが、日本人は平均して500mg不足しているのです。

EPA・DHA

ではDHA・EPAを効率的に摂る食材は何かと言いますと、青魚特に新鮮な刺し身が一番なんです。例えばクロマグロの刺し身なら5人前。動脈硬化は活性酸素による動脈の酸化でもあるので、抗酸化食材と組み合わせて食べると一層効果的です。

さすがに毎日5人前は多すぎるとなると、代わりになるものが必要になります。

抗酸化力の高い野菜と一緒に食べると効果的


大葉
大葉(紫蘇)
大根
大根
大根
大根



抗酸化力が高い食材とはファイトケミカルと呼ばれる野菜です。

緑黄色野菜、ゴマ、キャベツ、ダイコン、緑茶など、身近な野菜が動脈硬化を防ぎます。

例えば「ブリ、ハマチなどの刺し身」と大根のつまや「大葉」を刻んで添えて食べる。大根も大葉も簡単にファイトケミカルを摂取できます。

青魚が苦手、刺し身5人前/1日の代わりになるもの



αリノレン酸

青魚が苦手。苦手ではなくても普通は5人前の刺し身は無理。そういった場合は、αリノレン酸を摂取すれば、体内でEPAやDHAに変わります。αリノレン酸を多く含む食品は、えごま・亜麻仁(アマニ)・くるみ・チアシード

DHA・EPAサプリ

青魚が苦手。私はDHA・EPAサプリを利用。慢性腎炎もあるので腎臓の毛細血管の動脈硬化を進行させないためでもあります。

多くの種類のDHA・EPAサプリがあるので、選ぶ基準が重要です。

DHA・EPAサプリを選ぶ基準


  • 1日分が500mg以上含まれている
  • 魚臭くない
  • 抗酸化のDHAとEPA
  • 安全な材料と製造(GMP取得工場)
  • 返金保証

DHAとEPAは酸化されると効果が低下するので、抗酸化対策のしてあるサプリを選ぶべきです。

東南アジアなど外国で製造されたサプリはNG。材料も製造過程も不透明だからです。

無添加の材料を使い、医薬品を製造できる厳しい基準で管理されたGMP取得工場で製造されたサプリを選びます。


返金保証は大事です。良いと言われる安全なサプリを使ったとしても、自分に効果があるかどうかは、使ってみるまでわからないからです。

P_20170407_091639-2-min.jpg P_20170418_090936-2-min.jpg

もちろんDHA、EPAを摂ることだけが大事なのではなく、栄養が偏らないように、タンパク質、ビタミン、ミネラルが不足しないことが前提であることに注意してください。

食生活を改善しながらDHA・EPAサプリを摂った結果



体重が70kg ⇒ 60kgに減るとともに、仕事中に180もあった最高血圧が波はありながらも朝晩の血圧は、120/70平均で安定しました。

2年前に一度失敗したダイエット⇒成功

1年前に現在の主治医に相談して、全ての降圧剤(2種類)をやめることができ現在まで継続しています


時に150以上のこともありますが、血圧とはそういったものです。余りに過剰に一喜一憂することで血圧は上がってしまうので、1週間、1ヶ月の傾向を押さえていれば良いのです。

そもそも、血管さえ丈夫であれば、血圧は平均より高くても大丈夫なんです。一律の正常血圧の基準がまかり通っているというオカシなことになっていると思いませんか。


私の使ってるサプリは「きなり」です。無添加、低温圧搾で絞り出したごま油10gの抗酸化力とともに動脈硬化の進行を予防しています。正常血圧に戻り、寝起きの背中の筋肉の緩みが気持ちよくて満足しています。交感神経と副交感神経とのバランスがとれた状態だと解釈しています。


DHA・EPAを飲んで2年の変化。

  • 体重:68~72KG ⇒ 59~62KG
  • 血圧150~160/90~100 ⇒ 120~130/60~80
  • 体温35.5~35.9℃ ⇒35.9~36.8℃


きなり



戻る
a:46 t:4 y:7