シトルリンは腎臓の機能を回復する

シトルリンは日本でスイカから発見されたアミノ酸の1種です。その作用は「アンモニアを解毒する」というものです。肝臓の細胞の中で機能する尿素回路(オルニチン回路)で有毒なアンモニアを毒性の無いグルタミンに変える作用があります。

シトルリンの目に見える働きは利尿作用という形で現れます。それは肝臓の中でアンモニアを無毒化して腎臓に負担をかけずに水分を排泄できている事なのです。


スポンサードリンク


シトルリンは特に夏場に有効です

水分摂取量が多い

汗の量が多くなる季節。あるいは汗をかくような生活。そういった時には、水分と塩分の摂取が欠かせません。しかし、過剰な水分摂取は、常に水分をろ過し続けることで腎臓に負担をかけてしまいます。

水分摂取量が多すぎて腎臓に負担をかけすぎると、腎臓の働きが低下します。すると結果的に尿量は減ってきます。尿量の減少は腎臓のろ過機能が低下した事を示すので要注意なんです。

その結果体の中に老廃物や毒素がどんどん蓄積され、却って自分の望まない悪い健康状陥ることになります。

夏場にスイカが美味しい理由

利尿作用のあるスイカ

夏場にスイカが美味しい理由は、この利尿作用を利用して体内の老廃物や毒素を無毒化して体外に排出するからです。夏バテにも効果のあるそういったものを美味しいと感じるわけです。



スイカを食べ過ぎてはいけない理由

しかし、慢性腎炎など腎機能の低下がある場合にはスイカに含まれる大量のカリウムが却って腎機能を低下させます。単にスイカ(天然のシトルリン)を摂れば良いというわけではない事に注意してください。

そのためシトルリンはサプリメントを活用することが簡便な方法です。シトルリンを摂取する効能は他にもあって、利尿作用によりむくみを解消したり、疲労回復にも効果があります。むくみは腎機能の低下で現れる症状で、腎機能の低下によって、水分のコントロールが上手くできていないということです。

血圧コントロールに効果的

不要な水分を排出すれば、心臓の負担も減り血圧のコントロールに有効となります。血圧のコントロールに有効なもう一つの理由はシトルリンには血管を拡げる作用があるということです。これにより体内をスムースに血液が循環し、血圧は良い状態に調節され大幅に血流量が増えることになり、全身的に恩恵を受ける事ができます。

なお、血管拡張作用の作用は男性の精力増進にも効果的だと補足しておきますね。



戻る
a:87 t:2 y:5