腎臓の機能低下は回復できる

少し古い本には腎臓病は不治の病気と書いてあります。しかし最近腎臓の機能は必ずしも不治の病ではないことが確認されています。

最近の研究では腎臓の機能低下が50%程度までの比較的早期であれば、治療をすれば回復することがあると分かりました。

腎障害は自覚が乏しいため定期検査が必要です。定期的な検査をしながら治療を受ける事が重要です。


スポンサードリンク

血清クレアチニン値で腎機能をチェック

クレアチニン値とは、腎臓のろ過能力を示す指標です。クレアアチニンは腎臓から尿中に排出される老廃物です。腎臓機能が低下すると血液中にクレアチニンが増えるので、クレアチニン値で腎機能の低下の程度がわかります。


クレアチニン値の要注意の目安

男性 1.2mg/dl 以上
女性 0.9mg.dl 以上

クレアチニン値から腎機能が何%働いているかが分かる腎臓機能早見表があります。

社団法人日本腎臓学会
http://www.jsn.or.jp/jsn_new/iryou/kaiin/free/primers/pdf/CKD-hayami.pdf

腎機能が50%以下の場合は要注意です。

戻る
a:571 t:2 y:5