高血圧の食事を作る時のポイント

塩分を控えることが基本である事位は誰も知っていることのはずですが、何故若い人も含めてこんなに高血圧が多いんでしょうか。高血圧症は病気です。それも他の病気を誘発する怖い病気である認識が足りない事も原因の一つなんでしょう。

1.食材が新鮮

新鮮な食材を使えば素材の味が生かせるので余計な味付けが不要になりますね。そうすると塩などを使う量は減ります。自然の美味しさを味わい栄養も豊富だから新鮮な食材を選ぶことがポイントです。

2.天然のうまみを生かす

ハムとかじゃこ、貝類などは元々塩分が多く含まれています。その元々入っている塩分を活かして調理したり、うま味の薄い他の食材と一緒に調理すると美味しく仕上がります。
うま味の少ない野菜に肉や魚、貝などを組み合わせるというような工夫をすると、不要な塩分を使わずに済みますよ。

3.ダシやブイヨンは手作りが望ましい

天然素材でダシをとると、自然な風味が生かされて醤油味噌などの使用量を減らすことができるので塩分濃度を低くすることができます。

血圧の記録

22:54 140/92 p56
23:26 144/89 p59
就寝中
04:00 136/87 p64
05:15 137/96 p54
06:00 120/80 p64
06:25 139/88 p58
起床後 パソコン前
07:24 138/91 p65



戻る
a:1234 t:2 y:0

    コメント


    認証コード4585

    コメントは管理者の承認後に表示されます。