体温が免疫力を決めるということで体温も図ることにした

血圧を下げる方法を探るために、高血圧と危険な早朝高血圧の2つだけはチェックを継続します。(*夜間高血圧も非常に危険ですがなかなか測定できないので、目覚めたときにだけ計ります。血圧計は上腕デジタルとアネロイドの2つ。測定誤差があるうちは2つで測定。)

早朝高血圧と高血圧チェック血圧備考
就寝前30分以内118/78(アネロイド)
129/80 p57(上腕デジタル)
起床後30分以内128/84(アネロイド)
126/89 p61上腕デジタル)
就寝前と起床後の最大血圧の差10(-3)+20mmHg以上は早朝高血圧
就寝前と起床後の最大血圧の平均値123(127)135㎜以上は高血圧
起床後30分以内の最高血圧128(126)135以上ない事が重要
運動実施の記録 週1回(日曜日)2時間の有酸素運動を行います。
体重68.0kg第一目標65kg
体温就寝前:36.3℃起床時:35.6℃ 午前11時36.6℃ 15時36.1℃
備考起床時の体温を36℃台にする方法を考える。体温が1度下がると免疫力は30%低下する。35℃台は癌になりやすい体温。



戻る
a:681 t:1 y:0

コメント


認証コード5653

コメントは管理者の承認後に表示されます。